エンジニアの業務内容について

一般的に非常に激務である、と言われているエンジニアと呼ばれる職業ですが、実際のところエンジニアはどの様な業務を送っているのでしょうか。今回はネットワーク業界のエンジニアについての業務についてご紹介したいと思います。まずネットワーク業界のエンジニアという職業は、エンドユーザの社内ネットワークの提案、構築や保守運用業務全般に関わる業務となります。まずエンドユーザからの要望であったり会社としての売り込みたい商材などがあった場合に、その提案を行います。

その際に機器であったり、構築技術であったり自社にないものは外部調達(アウトソーシング)をすることとなり、外部業者との条件や金銭的な折衝を行うこととなります。また、要件に見合うものであるかを技術的な見地から検討する、という知識も最低限は必要となります。また提案にあたり、提案=商品を良く見せる技術が必要となりますので、パワーポイントなどのプレゼンテーションソフトの利用やエンドユーザの前でプレゼンテーションをしたりなど、技術力だけでは足りないアピール能力も必要となります。その後受注した場合には構築が始まりますが、プロジェクト全体のスケジュール管理が必要となり、WBSでの管理や課題管理、スケジュール調整などが必要となり、これらに対する責任を負わなければなりません。

その後作業の際にも実際に現場にでの作業が必要となるケースが多く、万が一問題が発生した場合には、その報告や謝罪、再発防止策の検討などが必要となります。このような苦労をして作り上げたシステムを構築後は、そのシステムが問題なく稼動を続けるような運用を提供しなければなりません。このようなあらゆる面でエンドユーザの立場となり、様々なことを動かしていくエンジニアという職業は非常に大変ではありますが、とてもやりがいのある職業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です