エンジニアはコーディングスキルを持っています

エンジニアは時代とともにその役割が変わってきました。もともとは製品を開発するのが一番の役割でした。しかし、今では製品の開発を行っているエンジニアは全体の中の約2割と言われています。エンジニアの世間に対するイメージは高度なスキルを持っている人です。

職人という感じで、常にコーディングを繰り返している光景を思い浮かべる人が多いです。コーディングは確かに技術者の仕事であり、とても量が多いです。いくつもの企業から依頼を受けてコーディングを掛け持ちすることも多いです。しかも、納品までの納期が短いことも多いため、いくつも並列で作業する必要があります。

もちろん、コーディング以外の仕事も数多くあります。いわゆるシステムエンジニア、もしくはセールスエンジニアなどがその代表といえます。世間のイメージとは違い、営業のように取引先を回ることも珍しくはないです。高度なコーディングだけを行っておけばいいという時代ではなくなったのです。

例えば、機密情報を欲しがる人への対策を練るのも技術者に任されることが多いです。その他にもいろいろな仕事がありますが、高いスキルを有する技術者であれば安心して任せることができます。現在は各会社の技術者が大きく不足していると言われているので、その補充がとても重要になっています。そのために技術者をスカウトする部門を設けている企業もあります。

それだけ稀有なスキルを持つ技術者は重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です