1990年代はネットワークエンジニアが活躍しました

エンジニアにはいろいろな専門分野が存在します。1990年代はインターネットの黎明期であったため、ネットワークエンジニアが多くの企業で求められていました。この頃はまだインターネットの通信速度が非常に遅く、アナログ回線を使用するのが一般的で、それより少し早いのはISDNでした。その後、ADSLや光ネットワークなど加速度的に進歩していきました。

その発展を支えていたのがネットワークエンジニアだったのです。そして、2000年からはデータ解析を行える技術者が多く求められるようになりました。いわゆるビッグデータを解析して最善のソリューションを提供できる思考型の技術者の需要が急激に高まりました。特徴しては、ソリューション型のスキルは各事業に特化しているため、大学などの教育機関ではほとんど学ぶことはできませんでした。

回路の設計や溶接技術などは専門学校でも学ぶことは可能ですし、その技術は仕事ですぐに活かすことが可能です。しかし、企業での経験が豊富なエンジニアと比べると実戦経験の少ない技術者はやはり見劣りします。テクニカルエンジニアなどの上級レベルの技術者になれば、どこに行っても即戦力として活躍できます。しかし、そういったレベルに達するのは容易なことではありません。

そのような上級職につくには、いくつものプロジェクトを経験する必要があります。その中で設計技術やプロセス管理などを体験し、自分がリーダーになった時の糧にすることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です