Skip to content

京都の排水口つまりの対策

京都の台所で排水口つまりが起こった場合、解決する方法を知っておくことが大切です。

排水口に何かを落とすと深刻なつまりに繋がってしまうこともあるため、早めに対処すべきと言えるでしょう。ほとんどの排水溝にはカバーが付いているため、まずはそのカバーを外します。カバーの中にゴミ受けがありますが、そのゴミ受けを歯ブラシなどで擦って洗いましょう。ゴミ受けには小さな穴が開いているため、スポンジだけでは汚れを落としにくいこともあります。カゴを外すとトラップがあるため、軽く左に回して外しましょう。こちらもゴミ受けと同じように掃除をしていきます。ちなみに、トラップを外すと排水管が剥き出しになってしまいます。

そのため、排水管の中に歯ブラシなどを落とさないように注意が必要です。何かを落としてしまうと逆に京都の排水口つまりが悪化する原因となります。心配な場合はラップを巻くなどして物を落とさないようにしておくべきです。トラップの内側にも汚れがついているため、歯ブラシを使って内側もしっかり擦ることが大切です。最後に配水管周りを綺麗に掃除していきましょう。この部分は汚れが目立ちますし、こびりついた汚れがなかなか落ちないことがあります。汚れ落ちにくい場合や手が届かない場合、重曹とお酢をかけると汚れが綺麗に落ちるようになります。最後に上からぬるま湯をかけたら完了です。普段から綺麗に掃除をすることにより、京都の排水口つまりを予防することにも繋がります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *