Skip to content

京都の排水口つまりを直す

京都で排水口つまりが起こった場合、ラバーカップを使って解消するという方法があります。

ラバーカップはトイレなどでよく使われるアイテムです。しかし、実はトイレにしか使えないわけではありませんし、同じ水周りなので台所の排水口にも効果があります。ラバーカップには2つのタイプがありますが、台所で使用する場合は和式タイプがおすすめです。また、効果が期待できるのは油汚れなどがつまっている場合のみであり、固形物がつまっている時に使っても効果が得られないので注意しましょう。ラバーカップは簡単に称することができます。排水溝の蓋とゴミ受け、トラップなどを全て外し、排水管が見える状態になったらラバーカップを排水口にしっかり当てましょう。

カップを排水溝に付けた時にカップよりも水面が高くなるくらいまで水を溜めることがポイントです。そして、カップをゆっくりと下に押し付け、下まで下げたところで一気に引き抜きましょう。パイプ内に水が引き上げられることで流れが発生しますし、つまっているものが吸い上げられることで京都の排水口つまりが解消されるという仕組みです。真空式パイプクリーナーも京都の排水口つまりに有効なアイテムです。見た目はラバーカップと似ていますが、ラバーカップでは効果が出なかった場合でもトラブルを解消することができます。使い方はラバーカップとほとんど同じです。排水溝にしっかりと密閉させ、ハンドルを退くことで一気に水を引き上げることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *