Skip to content

排水口つまりを京都の家で防ぐのに水切りネットは便利

排水口つまりは京都の家でも時々起こるので、適切な対応をして早めに解決しましょう。

排水口は使用した後の水を吸い込んでいく部分のことで、キッチンの流しや洗面台、浴室の洗い場などにあります。そこがつまってしまうと水が流れていく速度が遅くなるため、流しなどに水が溜まってイライラしたり、洗い物などの作業に支障が出ます。排水口つまりが京都の住宅などで起こった時には、どこがつまっているのかを調べてみると良いでしょう。排水口の一番上には、キッチンならゴミ受けのカゴ、浴室ならヘアキャッチャーと呼ばれる部分がありますが、ここに野菜クズや浴室では髪の毛などのゴミが溜まると水が流れにくくなるので、ゴミを捨てて網の部分をこすってキレイにするといった対処をすると解決できる場合があります。

排水口つまりを京都で起こさないためには、前述のゴミ受けやヘアキャッチャーをこまめに掃除しておくことが有効です。ゴミ受けなどの下は排水管になっていますが、そちらに野菜クズや油、髪の毛をたくさん流してしまうと、排水管の方でつまりが起こる原因になることがあります。そのため、普段からゴミ受けに水切りネットをセットしておくと、細かいゴミもそこで受け止められますし、こまめに捨てることもできて便利なのでおすすめです。

水切りネットは浴室の排水口にセットできるタイプの物も販売されているため、浴室で髪の毛などをスムーズに処分したい人は使ってみると良いでしょう。なお、排水口の掃除に気を付けていても排水口つまりが起こり、対処法がわからない時は、京都で水のトラブルに対応している会社に相談して出張修理を利用するとスピーディな解決が期待できます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *