Skip to content

排水口つまりを京都で直す

京都で台所の排水口つまりが起こってしまい、困っているという人もいるかもしれません。

排水口つまりの主な原因は油汚れと言われています。油汚れは排水口にそのまま流すのではなく、きちんと分別して捨てているという家庭もあるでしょう。しかし、油はさまざまなところについていますし、食器を洗う時にもついています。油をたくさん流すほど排水管の中には汚れが蓄積しやすくなるでしょう。排水管に油汚れが溜まりすぎると、水の通り道がなくなってしまうため、京都の排水口つまりが起こってしまいます。排水口つまりは料理の際に出てしまう食材カスなどが原因になってしまうこともあります。

野菜の皮が排水溝に流れてしまったり、種を捨て忘れるとつまりやすくなるので注意が必要です。基本的に台所の排水溝にはゴミ受けがついており、大きな食材カスは流れないようになっています。ですが、ゴミ受け自体が設置されていないこともありますし、ゴミを出す時にゴミ受けが少しずれてしまい、その隙間からゴミが落ちていってしまうということも考えられます。

食材の数が大量だった場合、ネットに引っかかっても京都の排水口つまりが起こることもあります。排水口の流れが悪いと感じた時や臭いが気になり始めた時は、できるだけ早く対策することが大切です。対策が遅れてしまうと解決できるまでの時間も多くかかってしまいます。自力で解消することもできますが、業者に相談しても良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *