Skip to content

蛇口の水漏れ修理に使う道具と部品の名称

一般住居や学校・会社など、場所を問わず設置されているのが水回り設備です。

水栓器具に至っては飲み水を確保するため、人々の生活に欠かすことができないものと言えるでしょう。限られた個数で大勢の人々が共同使用するので、必然的にトラブルが発生しやすいものです。ハンドルバルブを閉めているのに、蛇口からずっと水漏れが起きているという現象を経験された方もいらっしゃるでしょう。これは特に起こりやすいトラブルで、迅速に修理をしないと水道代が高くなってしまいます。

蛇口の水漏れ修理は、水回り設備全体の修理の中でもっとも簡単なものです。力も必要としないので、女性やご高齢の方であっても短時間で完了させることができます。修理をするにあたって用意するものは、「16水栓パッキン」と「水栓プライヤー」「防水テープ」の3点です。すべてホームセンターで買い揃えることができ、「水栓プライヤー」に至っては1度購入すれば何度でも使える道具です。

「16水栓パッキン」とは蛇口と水栓器具を接続している部分に備わっており、これが劣化したことで水漏れが発生しています。16水栓とは家庭用水栓の規格で、メーカーが異なっていても互換性があります。このパッキンを取り替えるために水栓プライヤーという道具を用いて水栓器具のナットを緩めます。「防水テープ」とは蛇口の接続部分に巻くテープで、ネジ山から水が漏れるのを防ぐ効果があるものです。テープを巻く時はしっかりと伸ばすように巻くのがポイントです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *