Skip to content

キッチンの蛇口やシンク下からの水漏れなら修理を急げ

キッチンは家の水回りの中でも、利用頻度の高い設備の1つです。

このため、何かと水トラブルが発生しやすいゾーンとも言えます。例えばキッチンにある蛇口のハンドルやレバーを閉めても、吐水口からポタポタと水が滴り落ちたり、蛇口の台座や接合部から水がチョロチョロ漏れ出す等、こんな症状を少しでも見つけたら、できるだけ迅速に対処すべきです。タイミングを逃すと、他の正常な水道設備や建材にまで被害が拡がり、思わぬリスクを負うことも十分にあり得ます。蛇口が水漏れする原因の多くは、パーツの劣化や緩みによります。

例えばハンドル内のケレップが摩耗すると、蛇口を閉めても吐水口がら水が漏れ続けます。また蛇口の接合部のパッキンの損耗や、ナットの緩みによっても、水を出すたびに漏れることがあります。ケレップやパッキンの交換、あるいは緩んだナットを締め直す程度であれば、ちょっとした知識や工具だけで修理が可能です。しかし混合水栓タイプの複雑なものや、高機能な浄水器と一体型のものであれば、実績豊富なプロの修理会社へ修理を依頼したほうが無難でしょう。

キッチンではシンク下からも、水漏れを起こすケースが多々あります。原因のほとんどは、排水パイプの腐食や接合部の緩みによるものです。キッチンでは食材カスや食用油などが排水パイプ内で固着し、それがサビや水垢で腐食を招くのです。小さい穴や亀裂ならば、素人の方でもパテで補修することができます。しかし排水パイプを丸ごと交換する必要があるならば、信頼できる専門の修理会社へ相談することをおすすめします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *