Skip to content

よくあるトイレつまりのトラブル

毎日水を流す場所のトイレは、つまりのトラブルが多い場所です。

トイレットペーパーがつまってしまったり、紙以外物を流してしまったりしてつまることもありますし、普通に使っているつもりなのにある日流れなくなってしまうということもあります。よくあるトイレつまりのトラブルで多いのが、水が流れないということです。水位が下がらなかったり、あふれてきたりすると慌ててしまう人が多いです。タンクや便器の水の勢いが弱くて水圧不足になっている、と言うのもよくある症状で、放置するとつまってしまうことになるので、早めに解決することをおすすめします。

水を流すと異音がしたり、悪臭がするときはもうすぐつまりのトラブルが起きる前兆の症状です。点検を受けてつまりを早めに解消すると良いでしょう、放置していると、排水管がつまってしまい逆流する危険があります。特に長年し王している古い家の排水管の場合、管の内側にヘドロ状になった汚れや汚物、トイレットペーパーなどが混ざり合って頑固な汚れになって蓄積している可能性があり、自然になおることはなくつまりの原因で、大変良くあるトラブルとなっています。

またペットを飼っている人が、ペットシートを流してしまい排水口がつまってしまうトラブルは一戸建てだけではなくマンションでもよくあります。トイレは汚物が逆流してくることがある場所なので、いつもと違う症状を見つけた時には早めに点検や修理をすることをおすすめします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *