Skip to content

水のトラブルのつまりは初期と重症で対応が異なります

水周りのトラブルの中にはつまりの問題というものがあり、汚水を流している以上、自然と蓄積された汚れによりこの現象は起きてしまいます。

初期の段階であれば排水管を洗浄する家庭用の薬剤を使う方法で、汚れを溶かして流すことができ、ラバーカップや真空ポンプなどお馴染みの解決グッズも使えます。一旦はトラブルは解消できたものの、数週間後に再びつまりが起きてしまうようであれば、普通の方法で解決することは難しいレベルまで重症化している可能性があるので、何度も起きる場合はプロの専門会社に直してもらう方が安心です。

つまりが起きてしまうと、その場所の蛇口は使えないことになり、多大な不都合さを感じてしまうものです。専門会社の場合は完璧に直せる技術と道具を持っているので、トラブルが起きない環境に戻してもらえます。専門会社の場合でもラバーカップやワイヤーブラシなど基本となる道具は使用しますが、プロ用の洗浄剤というものがあり、かなり強力に汚れを分解させることができます。

この方法でトラブルが起きない状態にできる範囲が多いのですが、もっと重症化している場合は、異なる方法でも対応をしています。ある程度の水の流れを作ってから、高圧洗浄機で配管内の汚れを一気に落とす方法があり、家庭用の機器と比較をしても水圧はかなり高いので頼もしい存在です。他には配管内部を直接に磨く道具も使われる事例はあります。簡単に落とせない異物や汚れがある配管に対しては、内部を研磨できる機材を使う方法で完璧な修理を行えます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *