Skip to content

つまりトラブル発生予防の為には?

つまりトラブル対策の基本は、水溶性の物以外は決して排水溝に流さない事です。

これは、洗面所からトイレまで、水を使う所では全て共通しています。例えばトイレでは、「トイレットペーパー以外は流さないで下さい」という趣旨の貼紙がしてある事が多いですが、紙は一般に思われている以上に水に対する耐性が強い上、場合によってはパイプ内に溜まって水を堰き止めてしまう様な事も珍しくありません。単純に見ただけでは分からないだけで、正式に耐水加工されているタイプもあるので場合によってはポケットティッシュであっても、つまりトラブルを誘発する事は十分に有り得ます。

他にも、シャンプーや剃刀の替刃やコンタクトの準備の時も要注意です。物品その物を落としたり、ビニール片を流してしまうと、これもつまりトラブルへ繋がります。水の勢いで運良く押し流されるケースもありますが、剃刀等がパイプ内に引っかかって、老朽化している部分に上手く嵌ると配管破損や害虫の発生原因になる事も考えないといけません。これ以外では、余った食事類を排水溝に流す事や、洗面所レベルのパイプに嘔吐してしまう事等も油断出来ません。

経年劣化で結構ダメージが入っているパイプの場合は、長い間に化学変化で出来たシコリの様な物がある事もあり、条件次第で流した物をしっかり受け止めてしまいます。勿論、定期的なパイプ掃除で排除出来るケースもありますが、経年劣化で傷んだ部分を大きく壊してしまうリスクがあります。それを避けるのでしたら、やはり事前回避に勝る物はありません。そして最後に、準備していても、つまりトラブルが発生してしなった時の為に、例えばトイレでしたらラバーカップや雑巾、消毒薬等を手が届く所へ常備しておく事です。距離がある所に置いてあると、汚水に浸かった足で室内を歩く事にもなりますので、近ければ近い程理想的になります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *