Skip to content

つまりトラブルを避けるには?

つまりトラブルを避けるのに重要なのは、普段からの注意が特に重要です。

例えば無機物をパイプに流してしまう様な事はNGになります。事故でシャンプーのキャップやビニール片を流してしまう不可抗力の事故はありますし、剃刀の替刃を落としてしまう様な事も珍しくありません。ですが、これも重なれば、つまりのトラブルへと変貌してしまいます。パイプの大きさによっては、つまりに発展する以前に流れてくれる事もありますが、本来パイプは水を流す事を前提に作られた物であって無機物に対応はしていません。

これはトイレにも言えた事で、トイレットペーパー以外でしたら紙であっても耐水性が強い物がありますので、流してしまうとつまる危険は十分に出て来ます。ですので、何かを落としかねない作業中は落しトラブルを避ける為に、必ず排水溝にガードを付けておく事と、水分以外の物をパイプに普段から流さない様にする事を心掛ける様にして下さい。ただし、この事で誤解しない様にした方が良い部分もあります。

それは、有機物ならば問題が無いと考える事です。有機物は時間が経過すれば、カビ等で自然分解されるイメージもありますし、つまる心配が無いと考える人も居ますが、物によっては分解に時間が長く必要な物もあります。その間に出て来たカビが有害な事もありますし、害虫が集まってくる原因にも成り兼ねません。パイプの破損に繋がるリスクも出て来ますし、劣化速度を加速してしまう事にもなります。トイレットペーパー以外の紙をトイレに流さないのと同様に、耐水性で考えておくのが重要という事です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *