Skip to content

台所で起こるつまりのトラブル

つまりによるトラブルはどこにでも起こりうるものであり、場所によって適切に対応することが望ましいです。

まず、よく起こりうるつまりのトラブルとして、台所の油分や脂分が挙げられます。私たちは普段から油を使った料理をよく食べるため、その油を台所に洗い流すとつまりの原因となる場合があります。最近は排水溝にそのまま流すのではなく、固めてからゴミ箱に捨てることが多くなりました。また、フライパンをキッチンペーパーで拭いてから流す人もいて台所の環境も良くなってきています。

しかし、キッチンペーパーで拭いただけでは完全に汚れを取り除くことは難しくある程度の汚れはどうしても残ります。また、肉や油揚げを茹でたお湯などはそのまま排水溝に流す場合が多いため長期的に見ると排水溝に油による汚れが蓄積されていきます。こうした油によるつまりのトラブルを改善するためにはいくつかの方法があり、まずは詰まっている排水口に手を入れてみましょう。

もしかしたら、排水口にものが詰まっているだけですぐに改善される場合があります。ただし、蓄積されていくと掃除をするのも大変になるため小まめに手入れをすることをおすすめします。完全に水が流れない場合はパイプユニッシュではなくピーピースルーを使用しましょう。全く水が引かない場合でも、ラバーカップと一緒に使用することで改善することがあります。このように台所が詰まった場合の対処法は色々あるため、自分に合った方法を見つけましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *