ヨガウェアが欲しい理由

ヨガウェアのトップスとパンツの選び方とは

ヨガウェアは体に適度にあっているものを選ぶのがコツで、よく体の線を隠すためにゆったりしたものを選びたくなりますが、トップスはあまりあってない物だとポーズによっては胸元や裾が気になります。

おなかの周りがゆったりしすぎると倒立系のポーズだと裾がめくれてしまい、衿元がゆったりだと前屈のときに胸元が見えてしまうことがあります。

適度にあっていれば、どのような動きをしてもヨガウェアが体についているため心配がありません。

きつく締めることなく心地よく、適度にフィット感があるデザインがおすすめです。トップスではバストサイズの合っているものがよいです。動きで特に気になるのが胸元で、前屈をするときに胸元が浮いてこないかがポイントです。

ヨガウェアのパンツは、ヨガの種類により丈選びも異なります。戦士のポーズだと足を前後に開いたときに長い丈だと裾を踏んでしまう危険があり、ヨガもしにくく怪我に繋がります。

動きがあるヨガほど短いカプリ丈や7分丈が向いています。実は季節によっても丈の長さを変えた方がよく、寒い時期は長いほうが寒さも防げます。夏場は暑いので丈は短めのほうがよいかもしれません。パンツの裾は足のラインを出さないような裾広がりや、脚にフィットするスリムタイプなどがあります。裾が広がっているものは女性らしいですが、裾が邪魔になって足がもつれたりします。ヨガでのパンツ選びは、脚を動かしたときに邪魔にならないデザインであることが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *